ホーム > 企業の社会的責任 > 持続可能なマネジメント
持続可能なマネジメント

マーケティング・産業情報処と責任ある企業同盟(Responsible Business Alliance,以下、RBAという)管理委員会は、持続可能な業務を推進しています。これには、持続可能性に関する方針や管理規則の制定、持続可能性に関する実績の開示、及びそれぞれの役割を担う部署による推進への協力といった業務が含まれます。これに関連した業務は、それぞれの役割を担う部署がその職責に従って分担し、会社の方針に合わせて、関連措置を実施していきます。同時に、これに関連した国際的なイニシアティブや規範に注意を払い、関係する管理規則や業務フローをアップデートする必要があるか随時確認しています。2019年から、総経理とCEOが定期的に(少なくとも毎年1回)取締役会に対してステークホルダーとのコミュニケーションの成果、及び持続可能性に関する業務の実施結果と業務計画について報告しています。


RBA委員会

WNCは、RBA行動規範(The RBA Code of Conduct,以下、The RBA CoCという)を自主的に支持するとともに、これを採用しています。また、「WNC・RBA行動規範」を制定し、関連会社、従業員全員及びサプライヤー等の関係者が遵守すべき規範として定めています。WNCは、台湾、中国及びベトナム等の主な生産拠点においてRBA管理委員会(略称:RBA委員会)を設置し、社内で企業の社会的責任とRBAを推進する指導的な部署としています。最高報告責任者は総経理とCEOであり、重要な議題がある場合は、取締役会に提出して審議の上決定がなされます。